2018.11.22 12:39

広島D1・小園、鈴木の51番を継承 “出世番号”受け継ぐ

広島D1・小園、鈴木の51番を継承 “出世番号”受け継ぐ

特集:
2018ドラフト情報
9日に仮契約を終え、記念撮影する広島D1位の報徳学園・小園海斗

9日に仮契約を終え、記念撮影する広島D1位の報徳学園・小園海斗【拡大】

 広島が22日、来季の新入団選手の背番号を発表した。ドラフト1位で指名の報徳学園高の小園海斗内野手(18)が背番号「51」を継承することになった。

 今季まで背番号「51」は鈴木誠也外野手(24)が背負っていたが、来季から前田智徳氏(47)=野球解説者=が2013年に引退以降、空き番となっていた「1」に変更することが決定。小園が“出世番号”を受け継いでプロの世界へ羽ばたく。

 そのほか、D2位・島内颯太郎選手は「43」、D3位・林晃汰選手は「44」、D4位・中神拓都選手は「56」、田中法彦選手は「57」、正隨優弥選手は「49」、羽月隆太郎選手は「69」、育成D1位・大盛穂選手は「124」に決まった。

 

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島D1・小園、鈴木の51番を継承 “出世番号”受け継ぐ