2018.11.22 05:03(1/2ページ)

「自由契約もある」5億円減保留中のオリ・金子、悩める胸中激白30分

「自由契約もある」5億円減保留中のオリ・金子、悩める胸中激白30分

特集:
移籍・退団・引退
自主トレをする金子(右)。このあと30分にわたって胸の内を語った(撮影・門井聡)

自主トレをする金子(右)。このあと30分にわたって胸の内を語った(撮影・門井聡)【拡大】

 オリックス・金子千尋投手(35)が21日、大阪市内の球団施設を訪れ、今オフに自由契約を選択する可能性を示唆した。金子は球団側から野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超える5億円の大減俸を提示され、態度を保留中。自身の今後の現役人生や、オリックスへのチーム愛を口にし、悩める胸中を明かした。

 残留か、退団か-。金子の心は揺れていた。プロ入り後、14年間過ごしたオリックスへの愛着に、今後の現役生活。様々なことを考えた上で、自由契約を選ぶ可能性を口にした。

 「残留するのか、自由契約を選択するのかで気になっていると思いますが、自由契約を選択する可能性もあるのかなと思います」

 自主練習に訪れた舞洲の球団施設で、約30分にわたって激白した。エースから飛び出した「自由契約」というフレーズ。その理由を「今後自分がどうしたいのか、どういう目標に向かって残りの現役生活を歩んでいくのかと考えたときに、自分の目標に一番近づける環境というのもちょっと考えてみようかな、という気持ちも今、あります」と説明した。

 悩みの種は残りの現役生活の歩み方、そして、チームと仲間の存在。「(オリックスが)本当に好きだからこそ若返りというか、新しくなろうとしているチームにいていいのか。いることによってマイナスになることもあるんじゃないかとすごく自問自答というか、考えることがすごく多くなっています」とした。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. オリックス
  5. 「自由契約もある」5億円減保留中のオリ・金子、悩める胸中激白30分