2018.11.17 05:04(1/2ページ)

FA炭谷、巨人決定的!初交渉で3年総額6億円提示される

FA炭谷、巨人決定的!初交渉で3年総額6億円提示される

巨人との初交渉を終えた炭谷。スーツ姿で、心境を明かした(撮影・今野顕)

巨人との初交渉を終えた炭谷。スーツ姿で、心境を明かした(撮影・今野顕) 【拡大】

 海外フリーエージェント(FA)権を行使した西武・炭谷銀仁朗捕手(31)の巨人入りが16日、決定的となった。東京都内のホテルで巨人と初交渉し、3年総額6億円の好条件を提示された。交渉の席上では、原辰徳監督(60)から「優勝するために力を貸してほしい」という伝言メッセージが届き、「熱い気持ちを伝えていただきました」と感激の様子。交渉は今回のみで、近く決断を明かすとみられる。

 迷える背中を『ドン!』と押す熱いメッセージに、炭谷の心は大きく巨人入りへ傾いた。

 「原監督から『優勝するために力を貸してほしい』という熱い気持ちを伝えていただいた。原監督から言っていただけて非常にうれしいです」

 FA交渉解禁から2日目。炭谷は巨人と約1時間の初交渉を行い、年俸1億1000万円から大幅増の3年総額6億円を提示された。さらにその席で、巨人・大塚淳弘球団副代表編成担当から原監督の伝言を授かった。

 「扇の要の炭谷選手がぜひともほしい。優勝するために炭谷の力が絶対に必要だ」

 巨人にとって、1965-73年のV9時代を思わせる補強だ。大塚副代表は2月のジャイアンツvsホークスOB戦で、V9当時の正捕手、森昌彦(現祇晶)氏に聞いたエピソードを披露した。

【続きを読む】

  • 所用のため帰京する原監督。球団幹部に炭谷へのメッセージを託した(撮影・矢島康弘)
  • 巨人とFA交渉を終え、囲み取材に応える西武・炭谷=東京ドームホテル(撮影・今野顕)
  • 2018年FA宣言選手
  • 炭谷が加入した場合の巨人来季捕手陣
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. FA炭谷、巨人決定的!初交渉で3年総額6億円提示される