2018.11.16 05:03(1/2ページ)

FA交渉解禁即日!阪神、西と接触 週明けにも初交渉

FA交渉解禁即日!阪神、西と接触 週明けにも初交渉

特集:
侍ジャパン
阪神が交渉解禁日に西サイドと接触。来週にも初コンタクトとなる

阪神が交渉解禁日に西サイドと接触。来週にも初コンタクトとなる【拡大】

 阪神は15日、オリックスから国内フリーエージェント(FA)宣言した西勇輝投手(28)に対し、獲得への意思を伝える連絡をとったことを発表した。初交渉など詳細は非公表だが、秋季キャンプ明けの来週早々にも初交渉する可能性が高まった。この日、DeNAも西獲りに参戦する可能性が浮上した。

 ついに1球目を投じた。阪神の動きは正確で、実に誠実だった。午後2時前、谷本球団副社長兼本部長がネクタイを締め直しながら“恋人”西へのラブコールを送ったことを明かした。

 「連絡をとることはとりました。内々に進めていますので、(初交渉が非公開であることには)変わりません」

 前日14日午後3時、日本野球機構(NPB)から西がFA選手として公示された。その時点でアポイントをとることは可能だが、“グレーゾーン”を避け、交渉解禁となるこの日まで待った。

 4年10億円を用意しているといわれるソフトバンクが強敵として立ちはだかるが、獲得の意思を表明し、初交渉の日程などを詰めたとみられる。ただ、どれだけ話がトントン拍子に進んでも谷本副社長は口を割ることなく“虎のカーテン”を引いた。それだけ西の真剣な気持ちを最大限に尊重したいということ。誠意の表れに他ならない。

【続きを読む】

  • 谷本副社長はこの日、西サイドと接触したことを認めた
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. FA交渉解禁即日!阪神、西と接触 週明けにも初交渉