2018.11.13 16:23

立正大、序盤で試合決める 坂田監督「優位に進められた」/神宮大会

立正大、序盤で試合決める 坂田監督「優位に進められた」/神宮大会

6回、安打を放つ立正大・伊藤裕季也=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

6回、安打を放つ立正大・伊藤裕季也=神宮球場(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 明治神宮野球大会準決勝(13日、立正大12-1関西国際大=六回規定によりコールド、神宮)立正大が序盤で試合を決めた。一回に2点を先取し、三回には5長短打を集めて5得点。坂田監督は「序盤が全て。相手にミスもあって優位に進められた」と振り返った。

 初出場優勝を果たした2009年以来、2度目の出場で再び頂点を狙う。坂田監督は「関東勢が負けているのでね。関東代表としても頑張らないと」と意気込んだ。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 先発の立正大・糸川亮太=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 立正大、序盤で試合決める 坂田監督「優位に進められた」/神宮大会