2018.11.12 05:01

法大が敗戦、ヤクルトD2位・中山1安打で終わる/神宮大会

法大が敗戦、ヤクルトD2位・中山1安打で終わる/神宮大会

特集:
2018ドラフト情報
5回、法大・中山翔太は三飛に倒れ天を仰ぐ=11日午後、東京都新宿区・神宮球場 (撮影・大橋純人)

5回、法大・中山翔太は三飛に倒れ天を仰ぐ=11日午後、東京都新宿区・神宮球場 (撮影・大橋純人)【拡大】

 明治神宮野球大会第3日(11日、神宮)準々決勝4試合が行われ、高校の部は初出場の札幌大谷(北海道)が7-3で国士舘(東京)を下し、高松商(四国)とともに準決勝に進んだ。大学の部は環太平洋大(中国・四国)が法大(東京六大学)に4-2で逆転勝ちし、関西国際大(関西2)は初の4強入りを決めた。

 法大は一度は勝ち越しながらも環太平洋大に逆転負け。青木監督は「六大学の代表で、勝たないといけないのに申し訳ない」と初戦敗退に肩を落とした。ヤクルトD2位指名の4番・中山は3打数1安打で終わり、「(投球が)厳しい所にバンバンきて、打てなかった。大学の4年間を生かして、1年間チームに貢献できるようにしたい」と気持ちを切り替えた。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 試合に敗れ、スタンドへ挨拶に向かう法大・中山=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 試合後、報道陣に囲まれる法大・中山=神宮球場(撮影・大橋純人)
  • 6回、3番手で登板した、法大・菅野=神宮球場(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 法大が敗戦、ヤクルトD2位・中山1安打で終わる/神宮大会