2018.11.11 05:00

星稜・奥川、7回11K「球が走っていた」/神宮大会

星稜・奥川、7回11K「球が走っていた」/神宮大会

広陵戦に先発し、7回を11奪三振と好投した星稜・奥川=神宮

広陵戦に先発し、7回を11奪三振と好投した星稜・奥川=神宮【拡大】

 明治神宮野球大会準々決勝(10日、星稜9-0広陵=七回規定によりコールド、神宮)来秋のドラフト上位候補の星稜・奥川は150キロに迫る直球を軸に7回を3安打無失点で無四球。11奪三振の快投に「いつも通り7、8割の力で、丁寧に投げることを心掛けた。勝手に球が走っていた」と涼しい表情だ。三回までに7奪三振で第28回大会の横浜・松坂(現中日)が記録した1試合14奪三振の大会記録(延長戦を除く)を更新するペースだった。今夏のU18アジア選手権に2年生でただ一人、選出された実力をみせた。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 7回3安打コールド勝ちに捕手・山瀬とグータッチの星稜・奥川恭伸(右)=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 広陵に7回コールドで勝利した奥川恭伸(左から4人目)ら星稜ナイン=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 4回、先制の適時三塁打を放った星稜・奥川恭伸=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 先発の星稜・奥川恭伸=神宮球場(撮影・田村亮介)
  • 先発の星稜・奥川恭伸=神宮球場(撮影・田村亮介)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 高校野球
  4. 星稜・奥川、7回11K「球が走っていた」/神宮大会