2018.11.10 16:50

立正大が準決勝へ、DeNA・D2伊藤が決勝2ラン/神宮大会

立正大が準決勝へ、DeNA・D2伊藤が決勝2ラン/神宮大会

特集:
2018ドラフト情報
7回、先制の2点本塁打を放つ立正大・伊藤裕季也=神宮球場(撮影・大橋純人)

7回、先制の2点本塁打を放つ立正大・伊藤裕季也=神宮球場(撮影・大橋純人)【拡大】

 明治神宮野球大会第2日は10日、東京・神宮球場で行われ、第3試合の大学の部準々決勝で立正大(東都)が九州共立大(九州)を2-0で下し、準決勝に駒を進めた。

 立正大は、今秋ドラフトでDeNA2位に指名された伊藤裕季也内野手(4年)が七回に広島2位指名の右腕・島内颯太郎投手(4年)から決勝の左越え2ランを放ち、先発右腕・糸川亮太投手(2年)-右腕・釘宮光希投手(4年)の継投という“0封リレー”で勝ち上がった。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 立正大が準決勝へ、DeNA・D2伊藤が決勝2ラン/神宮大会