2018.11.10 12:00(1/2ページ)

【土井麻由実のSMILE TIGERS】新井、飯田の兄弟選手が語るそれぞれの「兄」「弟」

【土井麻由実のSMILE TIGERS】

新井、飯田の兄弟選手が語るそれぞれの「兄」「弟」

特集:
土井麻由実のSMILE TIGERS
新井貴浩の弟、良太コーチ(右)

新井貴浩の弟、良太コーチ(右)【拡大】

 プロ野球選手になれるのは本当にすごいことだ。ましてやそれが兄弟で…となったら、とんでもない確率だ。そんな「兄弟でプロ野球選手」という夢をかなえた虎戦士がいる。では、その兄弟について語ってもらおう。

 まずは今季限りでユニフォームを脱いだ広島の新井貴浩選手を兄に持つ新井良太2軍打撃コーチ。球界で新井兄弟はあまりに有名だし、ともに大人気を誇っている。「お父さんも野球をしていたんで、兄も僕も必然的にやった」と野球道への入口を語る。しかしお兄さんと一緒に遊ぶことはなかったという。

 「兄とは(学年で)7つも離れてるから、子どものころはほとんど会うことなかったな。兄の高校(広島工)時代は朝早く出て、帰りは夜遅かったから。大学(駒大)は寮だったしね。僕も高校(広陵)で寮に入ったし」

 会えるのは年末年始くらいで、「バッティングセンターに行ったりはした。アドバイス? うーん。覚えてないなぁ。行ったという事実は覚えてるけど(笑)」というような感じだったそう。

 「兄のプロ入りが僕の中3のときで、でもそれも実感わかなかった」

 その後、良太コーチも中日に入団するが「2軍にいることが多かったので」と、やはり会う機会は少なかった。「密に絡むようになったのは、タイガースに入団してから」というように同じ球団で一時代を過ごすようになって、食事にも頻繁に行き、なんでも相談できるようになった。

 お兄さんの引退については「なんとなく察知はしてたよ」と明かす。「スーパースターだし、ああやってほとんどの人に『辞めないで』って言われる人は少ない。それをチームのためを思って…ってなかなかできることじゃない。すごいと思う。最高の人格者」と心からリスペクトしている。

 「人格者」というなら、それは兄弟ともにだ。常にまわりの人々に気を配り、相手の立場に立って考えられる。人によって態度を変えたりしない。

 「それはね、自分も兄貴も同じ考え。人としてどう物事に対するかとか、人に対する姿勢とか、当たり前のことができるかとか、人間力が大事だと思ってるんで。兄貴は僕にとって指針にもなっている」

 ファンはもちろんだが関係者や報道陣…すべての人から愛されているのは、こういうところなんだなぁ。新井貴浩さん、現役20年間、お疲れさまでした。

【続きを読む】

  • 新井貴浩
  • 阪神・飯田優也
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【土井麻由実のSMILE TIGERS】新井、飯田の兄弟選手が語るそれぞれの「兄」「弟」