2018.11.10 05:02

阪神戦力外・西岡、13日トライアウト参加

阪神戦力外・西岡、13日トライアウト参加

12球団合同トライアウト参加選手(47人)

12球団合同トライアウト参加選手(47人)【拡大】

 日本野球機構(NPB)が9日、福岡・タマホームスタジアム筑後で13日に行われる12球団合同トライアウトに、阪神から戦力外通告を受けた西岡剛内野手(34)ら47選手が参加する予定と発表した。テストはシート打撃など実戦形式で行われる予定。日米通算1241安打の元メジャーリーガーが、現役続行へ意地をみせる。

 メジャーを経験した男が、プライドをかなぐり捨てた。日本野球機構(NPB)は12球団合同トライアウトに参加予定の47選手を発表。阪神から戦力外通告を受けた西岡の名前も、そこにあった。

 西岡は2012年オフに米大リーグから阪神に入団。13年はいきなりベストナインを受賞し、チームを2位へ押し上げる原動力となった。しかし、その後は故障が続いた。14年には二塁守備で右翼手と交錯。鼻骨などを骨折する大けがを負った。16年には走塁の際に左アキレス腱を断裂した。

 今季は開幕1軍をつかんだが、5月に2軍落ち。9月に再昇格をつかむも、25試合出場にとどまり、打率・125、0本塁打、1打点。10月2日に戦力外通告を受けると、自身のインスタグラムに「次の新たな目標は小さい頃目標にしていたプロ野球選手になることが今の目標です!」と現役続行する意思表明。その後は甲子園のクラブハウスに訪れるなどして調整していた。

 34歳でのトライアウトは、今回では最年長。テストはシート打撃など、実戦形式で行われる見込み。獲得する球団はあるのか-。その去就に、注目が集まる。

移籍・退団リストへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神戦力外・西岡、13日トライアウト参加