2018.11.10 21:19

日本ハム・上沢、メジャー打線を5回7K1失点斬り「会沢さんのリードのおかげ」

日本ハム・上沢、メジャー打線を5回7K1失点斬り「会沢さんのリードのおかげ」

特集:
侍ジャパン
1回、先発の日本・上沢=東京ドーム(撮影・門井聡)

1回、先発の日本・上沢=東京ドーム(撮影・門井聡)【拡大】

 日米野球第2戦(10日、MLB選抜-日本、東京D)日米野球の第2戦が10日、東京ドームで行われた。日本は先発の上沢直之投手(日本ハム)が、80球の球数制限いっぱいの79球を投げ、5回4安打1失点と好投。メジャーリーガーが並ぶ強力打線に対して1本塁打を浴びたものの、7三振を奪った。

 「初めてのトップチームでの試合ということで緊張しました。初回のピンチを切り抜けたことで、自分らしいピッチングができるようになった。会沢さんのリードのおかげです」

 一回は先頭のロサリオ(メッツ)、モリーナ(カージナルス)に連打を浴び、一、三塁のピンチを招いたが、サンタナ(フィリーズ)を三振、ハニガー(マリナーズ)を併殺打に仕留めて無失点。二回は3者連続三振を奪うなど、立ち直った。

試合結果へ試合日程へ代表メンバーへ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 日本ハム・上沢、メジャー打線を5回7K1失点斬り「会沢さんのリードのおかげ」