2018.11.10 10:54

長嶋氏「野球の楽しさを味わって」 欠席の少年野球教室へメッセージ

長嶋氏「野球の楽しさを味わって」 欠席の少年野球教室へメッセージ

子供たちを指導する中畑清(中央)、元木大介(右)の両氏

子供たちを指導する中畑清(中央)、元木大介(右)の両氏【拡大】

 「第5回長嶋茂雄少年野球教室」が10日、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(82)の出身地、千葉・佐倉市の長嶋茂雄記念岩名球場で開催された。7月初旬から胆石の治療のため入院中の長嶋氏は欠席。開講式で「私、長嶋茂雄は、今回の野球教室には残念ながら欠席させていただきます。この夏の猛暑日続きの際、体調を崩して入院しました。体は元気を回復しましたが、入院期間が延びた影響で、現在は少し弱った筋力を鍛えるリハビリに取り組んでいます。本日の教室で、先生方の指導から野球のおもしろさ、新しいヒントを見つけ出せればうれしいですね。野球の楽しさを味わってください」とのメッセージが代読された。

 野球教室には佐倉市の小学生約470人と、2011年に起きた東日本大震災の被災地、福島・いわき市から招待されたの小中学生約40人が参加。巨人OBで、長嶋氏のまな弟子である河埜和正(67)、中畑清(64)、松本匡史(64)、角盈男(62)、西本聖(62)、定岡正二(61)、篠塚和典(61)、川口和久(59)、槙原寛己(55)、元木大介(46)の10氏が講師を務めた。中畑氏はあいさつで「スタンドを見ると。長嶋さんが来るときと来ないときでは(人の数が)違うな」と笑わせ、「(長嶋氏の)体調面は復活しています。全快に向けて頑張っています」と報告した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 長嶋氏「野球の楽しさを味わって」 欠席の少年野球教室へメッセージ