2018.11.10 05:03

DeNAドラ4位・勝又、“超異例”叙々苑で契約!本人希望で実現

DeNAドラ4位・勝又、“超異例”叙々苑で契約!本人希望で実現

叙々苑の看板の前でポーズを取る勝又。この後、大好きな焼き肉を楽しんだ (撮影・福島範和)

叙々苑の看板の前でポーズを取る勝又。この後、大好きな焼き肉を楽しんだ (撮影・福島範和)【拡大】

 DeNAがドラフト4位で指名した勝又温史投手(18)=日大鶴ケ丘高=が9日、東京・新宿区内で入団交渉し、契約金3800万円、年俸560万円で合意した。背番号は「28」。交渉場所は、高級焼き肉店で知られる「叙々苑」。最速152キロの右腕は大好きな焼き肉のパワーで、プロでもパワフルな活躍を誓った。

 ハマの若きスター候補の伝説は、高級焼き肉店から始まる。上カルビ3400円、特選タン塩4800円…。初めて足を踏み入れた叙々苑で、勝又は目を輝かせた。

 「テーブルが金色だった! あした仲間に、おいしかったよ! って言います」と、高校生らしい感想で笑いを誘った。DeNAでは仮契約後に会食するのが通例となっており、「焼き肉を食べたい」という本人の希望に、球団側が高級店で応えた。個室で食事の前に、異例の“焼き肉店交渉→仮契約”が実現。叙々苑側も、ドラフト指名選手の仮契約の場を提供したのは初めてという。

 「ここから自分の野球の本番が始まる。こういう高いお店に連れてきていただき、しっかり自分の立場を考えて、やるべきことをやって結果を残したいです」

 今夏の西東京大会決勝で日大三にサヨナラ負けして甲子園出場を逃したが、酷暑の中で154球完投した最速152キロ右腕。好物の焼き肉が、そのスタミナを支えた。「これまでカルビが好きでしたが、脂がすごいので、タンも好きです」と、早くも体を気遣うプロ意識も見せた。

 高校では1年夏から出場機会を得たが、決して自分本位になることはなく、部室で一発ギャグを披露するなど常に多くの人に愛されてきた。お世話になった人たちへ、今度は自分が焼き肉をごちそうできるように-。「契約金はまだ自分がプレーしたお金ではないので、しっかり野球で結果を残してから」と、勝又はプロでの活躍を誓った。(浜浦日向)

勝又についてDeNA・吉田スカウト部長「28番は大いに期待している表れ。1軍で投げられるレベルに早く持っていくことが大事」

叙々苑(じょじょえん)

 1976(昭和51)年4月創業の焼き肉レストラン。焼肉弁当、焼き肉のたれ、サラダのたれの製造販売も行う。直営店59店舗(首都圏44、大阪、名古屋各3、広島2、札幌、仙台、金沢、京都、兵庫、博多、沖縄各1)。本社は東京都港区六本木。2000年から芸能人のゴルフチャンピオンを決める「叙々苑カップ」を毎年開催。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNAドラ4位・勝又、“超異例”叙々苑で契約!本人希望で実現