2018.11.9 05:04(3/3ページ)

阪神・梅野、Gグラブも矢野監督が激辛エール「もっとレベル高い争いを」

阪神・梅野、Gグラブも矢野監督が激辛エール「もっとレベル高い争いを」

特集:
梅野隆太郎
ゴールデングラブ賞を初受賞し記念撮影に応じる阪神・梅野=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)

ゴールデングラブ賞を初受賞し記念撮影に応じる阪神・梅野=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)【拡大】

 今季のセ界で、梅野の守備が際立っていたことは疑いようもない。虎投の暴投数はリーグワーストの54。藤浪、才木、ドリスらの剛球が、何度もホームプレート付近をえぐった。ミットだけでなく、プロテクターでもマスクでも、ときには腕でもボールをストップ。盗塁阻止率もリーグ2位の・320。胸を張れる。あとはチームを勝たせること。それだけだ。

 矢野監督も『虎の、セ界の扇の要に梅野あり』となることを願った。

 「チーム内で梅野しかおらんと思われることが一番すごいことだと思う。そういう部分は、まだまだ成長してほしいと思っている。獲って当たり前みたいなレベルになっていってもらいたい。もちろん今回で満足はしてないと思うけど」

 そして笑顔で続けた。「すごく自信になる賞。ああいう場所(授賞式)に行くとか、やっぱりうれしいんよね、すごく」。親心あふれる指揮官のメッセージ。この黄金の光を道しるべに、梅野は勝たせる真の正捕手へと歩む。 (長友孝輔)

梅野について阪神・藤井バッテリーコーチ「ワンバウンドのストップがすごかった。もっと上を目指して頑張ってほしい」

ゴールデングラブ賞

  • ゴールデングラブ賞を初受賞した梅野(撮影・山田喜貴)
  • 梅野に、さらなるレベルアップを求めた矢野監督。同じ捕手だからこそ、その目は厳しくなる
  • シート打撃練習で捕邪飛を捕球する阪神・梅野。後ろで見つめているのは矢野監督=安芸市営球場(撮影・水島啓輔)
  • シートノックで一塁に送球する阪神・梅野=安芸市営球場(撮影・水島啓輔)
  • 練習を見守る阪神・矢野監督=安芸市営球場(撮影・水島啓輔)
  • 練習中、指導する阪神・矢野監督=安芸市営球場(撮影・水島啓輔)
  • 練習中、指導する阪神・矢野監督=安芸市営球場(撮影・水島啓輔)
  • 内野手のノックを見守る阪神・矢野監督(中央)=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)
  • 矢野レギュラー時代のゴールデングラブ受賞選手
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・梅野、Gグラブも矢野監督が激辛エール「もっとレベル高い争いを」