2018.11.9 05:02

名バイプレイヤーに!ヤクルト・奥村、背番「00」へ

名バイプレイヤーに!ヤクルト・奥村、背番「00」へ

ヤクルトに背番号「00」が復活! 5年目の奥村が“名脇役”に指名された

ヤクルトに背番号「00」が復活! 5年目の奥村が“名脇役”に指名された【拡大】

 ヤクルトが来季6年目の奥村展征内野手(23)の背番号を「56」から「00」へ、同じく来季6年目の藤井亮太内野手(30)の背番号を「51」から「0」への変更を検討していることが8日、分かった。

 背番号「00」は期待の表れだ。同番号は92-93年の城友博氏を皮切りに96-99年の佐藤真一氏、01年の城石憲之(現日本ハム打撃コーチ)、08-13年の川島慶三(現ソフトバンク)らチームに欠かせないバイプレーヤーが背負ってきた。16年のハ・ジェフンを最後に空き番となっており、白羽の矢が立った。

 15年にFAによる人的補償で巨人から加入した奥村は昨季44試合、今季は32試合に出場し、10月4日の阪神戦(甲子園)で初本塁打を記録。守備でも内野すべてをこなし、成長の跡もみせている。この日、初の休日だった松山秋季キャンプでは「何か一つでも成長して帰りたい」と先頭に立って取り組んでおり、ムードメーカーとしても注目されている。

 藤井の「0」も03-10年に志田宗大氏が背負うなど、チームを支えるバイプレーヤーが背負ってきた番号。内外野を守れる藤井にはスーパーサブとして期待がかかる。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. 名バイプレイヤーに!ヤクルト・奥村、背番「00」へ