2018.11.9 05:04(1/3ページ)

西武・雄星、“大谷流”直接面談も!代理人ボラス氏が猛プッシュ「彼の左腕はプレミアム」

西武・雄星、“大谷流”直接面談も!代理人ボラス氏が猛プッシュ「彼の左腕はプレミアム」

菊池を敏腕代理人が猛プッシュ!! 昨年の大谷と同じく直接面談で移籍先を決める可能性も出てきた

菊池を敏腕代理人が猛プッシュ!! 昨年の大谷と同じく直接面談で移籍先を決める可能性も出てきた【拡大】

 【カールスバッド(米カリフォルニア州)7日(日本時間8日)】米大リーグのゼネラルマネジャー(GM)会議の2日目が開催された。ポスティングシステムでメジャー移籍を目指す西武・菊池雄星投手(27)の代理人、スコット・ボラス氏(66)が日米のメディアに対応。「彼を必要とする球団は多い。どんなチームにもフィットする」と猛プッシュした。来週中にも菊池本人が渡米し、“大谷方式”で各球団と面談の場を設ける可能性もありそうだ。

 ド迫力のオーラを放ちながら、ボラス氏が現れた。「キクチのことだな?」と日本メディアの会見に応じ、自信と強気に満ちた言葉を並べた。

 「彼の左腕はプレミアムもの。フリーエージェント(FA)市場の投手では最年少になり、直球も1番目か2番目に速い。彼を必要とする球団は多い。どんなチームにもフィットする」

 今オフは、先発タイプのFA左腕が豊富だ。アストロズで2015年のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を受賞したダラス・カイケル投手(30)やヤンキースなどで今季17勝(6敗)のJ・A・ハップ投手(36)らがマーケットに出る。実績十分の投手たちと競合する形だが、「ポスティングするには完璧なタイミング」と胸を張った。

【続きを読む】

  • GM会議で熱弁をふるったボラス氏。菊池にとっては心強い味方だ(共同)
  • 今オフからのポスティングシステムの流れ
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・雄星、“大谷流”直接面談も!代理人ボラス氏が猛プッシュ「彼の左腕はプレミアム」