2018.11.9 05:03(1/2ページ)

西武・炭谷、巨人有力!FA宣言「体的にも勝負できる状態」

西武・炭谷、巨人有力!FA宣言「体的にも勝負できる状態」

特集:
移籍・退団・引退
炭谷がFA権行使を表明。宣言残留も求められる中、巨人が移籍先の有力候補となった (撮影・塚沢健太郎)

炭谷がFA権行使を表明。宣言残留も求められる中、巨人が移籍先の有力候補となった (撮影・塚沢健太郎)【拡大】

 西武・炭谷銀仁朗捕手(31)が8日、埼玉・所沢市の球団事務所で記者会見を行い、海外フリーエージェント(FA)権の申請書類を日本野球機構(NPB)に提出したことを明らかにした。今季は47試合の出場にとどまったが「体的にも勝負できる状態にある」と自信。“宣言残留”の可能性も残す中、移籍先の有力候補に巨人が浮上した。

 主将の浅村に続いて、扇の要を務めてきた炭谷もFA権行使を表明した。

 「残留も考えているが、行使することを決断した。他球団の評価も聞いてみたい」

 炭谷は2014年に国内FA権を取得したが、正捕手を務めていたこともあり、これまで行使してこなかった。だが、チームは今季からくっきりと23歳と若く、打力のある森を育てる方針に切り替わっている。

【続きを読む】

  • FA宣言した西武・炭谷=所沢市の西武球団事務所
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 西武
  5. 西武・炭谷、巨人有力!FA宣言「体的にも勝負できる状態」