2018.11.9 05:03

ゴールデン甲斐キャノン!ソフトB・甲斐、2年連続GG賞受賞

ゴールデン甲斐キャノン!ソフトB・甲斐、2年連続GG賞受賞

甲斐は日本シリーズMVPに続いて、2年連続でゴールデングラブ賞を獲得した

甲斐は日本シリーズMVPに続いて、2年連続でゴールデングラブ賞を獲得した【拡大】

 守備の名手に贈られる「第47回三井ゴールデングラブ賞」が8日、発表され、日本シリーズでMVPに輝いたソフトバンク・甲斐拓也捕手(26)が2年連続2度目の受賞した。

 投手部門は、パ・リーグは楽天・岸孝之投手(33)がプロ12年目で初受賞、セは2年連続沢村賞の巨人・菅野智之投手(29)が3年連続3度目の選出となった。

 2年連続で日本一となったソフトバンクは甲斐の他に三塁手部門で松田宣浩内野手(35)、柳田悠岐外野手(30)の3人が選出された。セ・リーグは3連覇した広島から二塁手部門で菊池涼介内野手(28)、遊撃手部門で田中広輔内野手(29)、そして丸佳浩外野手(29)の3人が選ばれた。

ソフトバンク・甲斐「驚いているし、すごくうれしい。監督、コーチら皆さんに感謝の気持ちでいっぱい」

ゴールデングラブ賞

 守備のベストナインを表彰する。1972年に「ダイヤモンドグラブ賞」として創設された。86年から現名称。選考対象となる投手は規定投球回数以上、もしくはチーム試合数の1/3以上に登板、野手はチーム試合数の1/2以上に出場していることが条件。受賞者にはトロフィーと賞金50万円が贈られる。最多受賞は福本豊(阪急=現オリックス)の12度。

ゴールデングラブ賞

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ゴールデン甲斐キャノン!ソフトB・甲斐、2年連続GG賞受賞