2018.11.9 05:04(2/3ページ)

これが新生原巨人!“初陣”黒星も米超え12安打&松原ランニングHR

これが新生原巨人!“初陣”黒星も米超え12安打&松原ランニングHR

松原は快足を飛ばして、迷わず三塁を回った (撮影・長尾みなみ)

松原は快足を飛ばして、迷わず三塁を回った (撮影・長尾みなみ)【拡大】

 「攻撃陣は非常に自信になったのではないか」

 とりわけ、2年目外野手の松原が目立った。7月に育成から支配下登録され、この日が“1軍デビュー”の23歳は四回一死二、三塁で左中間にランニング3点本塁打。ベンチの新指揮官に代名詞のグータッチ(片手)で迎えられ、六回は一塁内野安打で出塁するなど2安打3打点、1盗塁と持ち味を発揮した。

 50メートルを5秒8で走る俊足外野手は、「原監督の“攻撃的なプレーをしなさい”という言葉を肝に銘じて、その気持ちがあったから、いい結果につながったと思います」と初々しく笑った。

 六回は3年目の宇佐見が右前適時打を放つなど、ヤングGのアピールをしっかりと見届けた。「のびのび野球」を指針に掲げる指揮官は、「持っている能力を出し、自信を持ってプレーすると理解してもらえればいいが、それを一番、実行しているのが松原選手です」と絶賛した。

 9日は宮崎に戻り、10日から秋季キャンプを再開する。5年ぶりのV奪回へ、原巨人のチーム底上げは、確実に進んでいる。 (吉村大佑)

【続きを読む】

  • 出ました!グータッチ!!原監督(左)は四回、代打ランニング3ランを放った松原(右)を笑顔で迎えた(撮影・今野顕)
  • 背番号「83」復活!
  • ベンチで選手を鼓舞する巨人・原監督=東京ドーム(撮影・今野顕)
  • 4回、ランニング本塁打を放つ巨人・松原=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 4回、ランニング本塁打を放つ巨人・松原=東京ドーム(撮影・門井聡)
  • 4回三塁をまわる巨人・松原=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 1回、ソトの遊ゴロを悪送球する巨人・坂本勇=東京ドーム
  • 2回、巨人・長野が右安打を放つ=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 3回巨人・吉川尚の内野ゴロの間に得点=東京ドーム(撮影・門井聡)
  • 投球する巨人・桜井=東京ドーム(撮影・矢島康弘)
  • 投球する巨人・田口=東京ドーム(撮影・門井聡)
  • 9回、登板する巨人・鍬原=東京ドーム(撮影・門井聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. これが新生原巨人!“初陣”黒星も米超え12安打&松原ランニングHR