2018.11.8 15:00

阪神・梅野が初のゴールデングラブ賞、城島以来の8年ぶり

阪神・梅野が初のゴールデングラブ賞、城島以来の8年ぶり

特集:
梅野隆太郎

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデングラブ賞」の受賞者が8日、発表され、阪神・梅野隆太郎捕手(27)が自身初受賞を果たした。選手会長も務める若虎に、新たな勲章が加わった。

 今季は自身最多となる132試合に出場。リーグ2位となる盗塁阻止率・320を記録するなど飛躍の1年となった。阪神の捕手が受賞するのは2010年の城島健司以来、8年ぶり。生え抜き捕手に限れば日本一に輝いた1985年の木戸克彦(現球団本部部長)以来、33年ぶり。

ゴールデングラブ賞

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・梅野が初のゴールデングラブ賞、城島以来の8年ぶり