2018.11.8 05:03(1/2ページ)

タカがW獲りへ総額30億円用意!西に4年10億円、浅村に4年20億円

タカがW獲りへ総額30億円用意!西に4年10億円、浅村に4年20億円

会見に臨む西武・浅村=埼玉県所沢市の球団事務所(撮影・中井誠)

会見に臨む西武・浅村=埼玉県所沢市の球団事務所(撮影・中井誠)【拡大】

 浅村、西をダブル獲り! ソフトバンクは7日、国内フリーエージェント(FA)権の行使を決断した西武・浅村栄斗内野手(27)とオリックス・西勇輝投手(27)の獲得に動くことを表明した。三笠杉彦球団統括本部長(44)が、両選手について「興味はあります」と即答。潤沢な資金を生かし、合わせて30億円超の大型補強に乗り出す。

 “恋人”が手続きを取ると同時に手を挙げた。浅村がFA権を行使-。一報を午前中に受けた三笠球団統括本部長は、すぐに態度を明らかにした。

 「右打ちの内野手でトップレベル。いい話をさせてもらいたいし、彼の話も聞いてみたいです」

 今季の打点王は、12日に誕生日が来てもまだ28歳。数年は主軸として活躍できる打者だ。

 残留を要請している西武、楽天やオリックスと争奪戦は必至だが、資金力で劣るはずはない。4年をベースに総額20億円超の大型契約を用意するとみられ、球団関係者は「絶対にほしい選手。うちが条件面で降りることはない」と話した。

 さらに数時間後。夕方に西が権利行使を表明すると、再び三笠本部長は即答した。

 「ぜひ話をさせてもらいたい。若くて先発ローテーションを守れる投手」

 故障が相次いだ今季は12球団で唯一、規定投球回に到達した投手がいなかった。残留を求めるオリックス、阪神や中日などとのアピール合戦になる中、10日に28歳になる先発右腕には4年総額10億円前後を用意している。浅村、西はともにBランク(所属球団の年俸上位4位-10位)とみられ、人的補償が必要になるケースもあるが、それでもダブル獲得に向かう。

【続きを読む】

  • 会見を終えた西武・浅村=埼玉県所沢市の球団事務所(撮影・中井誠)
  • 会見に臨む西武・浅村=埼玉県所沢市の球団事務所(撮影・中井誠)
  • 会見に臨む西武・浅村=埼玉県所沢市の球団事務所(撮影・中井誠)
  • 取材に応じるオリックス・西=オリックス球団事務所(撮影・宮沢宗士郎)
  • 取材に応じるオリックス・西=オリックス球団事務所(撮影・宮沢宗士郎)
  • FA権利行使を表明し取材に応じるオリックス・西=オリックス球団事務所(撮影・宮沢宗士郎)
  • 西勇輝の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. タカがW獲りへ総額30億円用意!西に4年10億円、浅村に4年20億円