2018.11.8 18:09

稲葉監督、大リーグ選抜は世界最強チーム「2020年に向けていい経験」

稲葉監督、大リーグ選抜は世界最強チーム「2020年に向けていい経験」

特集:
侍ジャパン

 9日に開幕する日米野球(東京、広島、名古屋)の監督会見が8日、東京ドームで行われ、日本代表の稲葉篤紀監督(46)と米大リーグ選抜のドン・マッティングリー監督(57)が登壇した。

 稲葉監督は「世界最強チームと対戦できるということで、私自身もワクワクしている。2020年(東京五輪)に向けていい経験ができれば」と期待した。マッティングリー監督はイチオシ選手にナ・リーグ新人王候補のロナルド・アクーニャ外野手(20)=ブレーブス=を挙げ、「アベレージも高く、パワーもあり、足も速く、肩も強く、守備も優れている」と絶賛した。

 日米野球は4年ぶりに開催され、9~11日に東京ドーム、13日にマツダスタジアム、14、15日にナゴヤドームで計6試合が予定されている。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 野球その他
  4. 稲葉監督、大リーグ選抜は世界最強チーム「2020年に向けていい経験」