2018.11.7 10:00(1/2ページ)

“富士大の完全男”楽天D8位・鈴木翔天、「開幕1軍」指名あいさつで誓った/東北スポーツ

“富士大の完全男”楽天D8位・鈴木翔天、「開幕1軍」指名あいさつで誓った/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
楽天の長島スカウト部長(左)、担当の宮越スカウト(右)から指名あいさつを受けた富士大・鈴木。指名順位の評価を見返す活躍が期待される(撮影・井上幸治)

楽天の長島スカウト部長(左)、担当の宮越スカウト(右)から指名あいさつを受けた富士大・鈴木。指名順位の評価を見返す活躍が期待される(撮影・井上幸治)【拡大】

 プロ野球ドラフト会議で楽天に8位指名された鈴木翔天(そら)投手(22)=富士大=が6日、岩手・花巻市の同大で長島哲郎スカウト部長(58)らの指名あいさつを受けた。3年秋に完全試合を達成した最速149キロ左腕。左肘故障の影響で8位指名となったが、球団は潜在能力を評価。鈴木は「開幕1軍に入れるように頑張る」と意気込んだ。

 気分はすでに楽天の一員だ。指名あいさつ冒頭、長島スカウト部長の「東北で暴れてほしい。ウチに来てくれるよね」の問いかけに、鈴木は「はい!」と二つ返事で笑顔をみせた。

 「4年間東北でやってきて、慣れ親しんだ場所で頑張りたい。長く活躍して応援される選手になりたい」

 横浜出身だが、東北で4年間研鑽(けんさん)し、今では身も心も東北人だ。富士大は今年のパ・リーグ本塁打王の山川、最多勝の多和田(ともに西武)らが輩出してきたが、同じ東北の楽天からドラフト指名を受けたのは初めて。「期待に応えたい」と胸を張った。

 ドラフトの上位指名候補だったが、4年春のリーグ戦を前に左肘痛を発症。春は登板なく、秋も1勝1敗でリーグ戦を終えた。

 しかし、ドラフト6日前(10月19日)の練習を担当の宮越徹スカウト(40)が視察。腕の振りと力強いボールに「いいときの形に近づいていた。それまで迷っていたが、石井GMに自信を持って映像をみせた」と猛プッシュ。鈴木も「すごく縁があったのだと思う」と白い歯をみせた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 楽天
  5. “富士大の完全男”楽天D8位・鈴木翔天、「開幕1軍」指名あいさつで誓った/東北スポーツ