2018.11.7 05:05(1/3ページ)

中日・松坂、“仰天”来季年俸1億円!シーズン6勝も“営業査定”で6・67倍

中日・松坂、“仰天”来季年俸1億円!シーズン6勝も“営業査定”で6・67倍

「1アウト!」、いや「1億円!?」。人さし指を突き上げる姿も絵になる松坂の年俸が、大台に復帰した

「1アウト!」、いや「1億円!?」。人さし指を突き上げる姿も絵になる松坂の年俸が、大台に復帰した【拡大】

 中日・松坂大輔投手(38)が、球団との水面下での契約更改交渉で、今季年俸1500万円から8500万円増の年俸1億円で合意していたことが6日、分かった。“営業査定”を含んでの大幅アップ。ソフトバンクから移籍した今季は11試合に登板して6勝4敗、防御率3.74。野球ファンに夢と感動を与え、球団に多大な利益をもたらしたことも、大台復帰の要因となった。

 松坂の来季年俸1億円は高いか、それとも安いか…。球界内では賛否両論だろう。中日がはじき出したのは、1億円だったことが判明した。

 球団首脳は「近々、松坂選手は米国に向かうようなので、最終的にはファクスでやりとりします」と明かした。

 松坂は今季の全日程終了後、自宅のある米国ボストンに一時戻ったが、所用のため10月下旬に再来日した。現在は日本に滞在中で、その間に球団と契約交渉を行い、すでに来季年俸は1億円で合意。関係者によると、新たな出来高払いなどの細部を詰める作業をしているという。

 今季は11試合に登板して6勝4敗、防御率3・74。背中の痛み、背筋痛などで2度の長期離脱もあったが、ガルシア(13勝)に続くチーム2位の6勝。昨季まで在籍したソフトバンクでの3年間は、1軍登板1試合(0勝)だった。「アップは当然だが、6勝という数字だけを考えれば5000万円前後が妥当」と球団内でもささやかれた。

【続きを読む】

  • ファンサービスにも熱心で、高い“営業査定”がつけられた
  • 松坂大輔の年度別登板成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 中日
  5. 中日・松坂、“仰天”来季年俸1億円!シーズン6勝も“営業査定”で6・67倍