2018.11.5 05:04(1/2ページ)

タカ総額9億円リストラ…摂津、五十嵐、寺原ら8人に通告 球団幹部「断腸の思い」

タカ総額9億円リストラ…摂津、五十嵐、寺原ら8人に通告 球団幹部「断腸の思い」

特集:
移籍・退団・引退
福岡に凱旋した工藤監督とソフトバンクナイン。大勢のファンが博多駅で出迎えた

福岡に凱旋した工藤監督とソフトバンクナイン。大勢のファンが博多駅で出迎えた【拡大】

 ソフトバンクは4日、8選手と来季の契約を結ばないことを発表した。8人の中には、五十嵐亮太投手(39)、摂津正投手(36)、寺原隼人投手(35)ら大物の名前も。2年連続の日本一に輝いた翌日に、年俸の総額が9億円を超える大規模リストラだ。吉村裕基外野手(34)、城所龍磨外野手(33)、張本優大捕手(28)捕手、笠原大芽投手(23)、茶谷健太内野手(20)も戦力外を通告された。

 歓喜から半日で、胴上げに加わったメンバーを含めた功労者が次々と去った。日本一の翌日に血の入れ替え。午後3時過ぎにスーツ姿でヤフオクドームに現れた五十嵐は鷹に別れを告げた。

 「来季の構想外ということで。6年間で4度も日本一になれた。チームも福岡という土地も、とても貴重な時間でした」

 日米通算860試合に登板しているベテランは2013年に加入し、14年に中継ぎでリーグ最多の44ホールド(1勝3敗2S)を記録するなど投手のリーダーとして活躍してきた。腰痛で出遅れた今季は23試合の登板。来季40歳という年齢もあって構想から外れたが、発表された8人の戦力外選手の中には他にも大物の名前が並んだ。

【続きを読む】

  • ソフトバンク・摂津正
  • ソフトバンク・五十嵐亮太
  • ソフトバンク・寺原隼人
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. タカ総額9億円リストラ…摂津、五十嵐、寺原ら8人に通告 球団幹部「断腸の思い」