2018.11.4 05:02

ヤクルトのすべらない話!宮本ヘッド発案「3分間スピーチ」で選手の『考える力』鍛える

ヤクルトのすべらない話!宮本ヘッド発案「3分間スピーチ」で選手の『考える力』鍛える

スピーチした西浦。テーマはなぜか都市伝説(撮影・大橋純人)

スピーチした西浦。テーマはなぜか都市伝説(撮影・大橋純人)【拡大】

 ヤクルトは3日、松山秋季キャンプ3日目を迎え、ウオーミングアップ前に投手、野手各1人に「3分間スピーチ」を課すことが決まった。お題は自由で、この日は西浦直亨内野手(27)が「都市伝説」、原樹理投手(25)は「親孝行」をテーマに行った。

 「考えて(プレー)できない選手が多い。3分というのはしっかり考えてこないとできない時間。結局、考えて言葉にするというのは野球にも生きてくる」

 発案した宮本慎也ヘッドコーチ(47)が狙いを明かした。毎日、ランダムで指名していくという。今キャンプのテーマは「考える」。選手にリポート提出を課し、8人対8人の紅白戦も予定するなど“野球脳”の向上を選手に求めている。

 原は「要点を4、5点にまとめて先制、中押し、駄目押しって感じで話しました」と滞りなくスピーチを終え、拍手を受けた。実りの秋とするため、さまざまな視点でレベルアップを図る。 (横山尚杜)

  • 投手陣の円陣では原が「親孝行」について話し、拍手を浴びた(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルトのすべらない話!宮本ヘッド発案「3分間スピーチ」で選手の『考える力』鍛える