2018.11.4 05:02

DeNA、IT打撃革命!スイングの軌道やスピードなどタブレット端末に表示

DeNA、IT打撃革命!スイングの軌道やスピードなどタブレット端末に表示

バットのグリップエンドにセンサーをつけて振り込む佐野 (撮影・斎藤浩一)

バットのグリップエンドにセンサーをつけて振り込む佐野 (撮影・斎藤浩一)【拡大】

 DeNAが鹿児島・奄美秋季キャンプで“新兵器”を導入したことが3日、分かった。

 「テクノロジーを駆使して、より正確にスイングが分かる。どこが弱いのか数字が明確に出る」

 ラミレス監督が歓迎したのは、米ブラストモーション社が開発した約25グラムの小型センサー。バットのグリップエンドに装着して振ると、スイングの軌道やスピードなどがタブレット端末に表示される優れものだ。

 今キャンプでは野手全員が計測する予定で、この日は左の代打として活躍した佐野が使用。「佐野はミートポイントが少し前(投手寄り)というデータが出た。もう少し引きつけた方がいい打球になる。スイングスピードは一番速い」という指揮官に、佐野は「自分のいい部分、悪い部分が分かるのはうれしい」とうなずいた。

 米大リーグ。アストロズが同機器を駆使し「フライボール革命」と呼ばれるフライを意識した打撃で2017年にワールドシリーズを制した。今季リーグ最多の本塁打数を記録しながら、得点はワーストだったDeNA。“打撃革命”の成果に注目だ。 (湯浅大)

  • ラミレス監督(中央)はデータを佐野(左)とタブレット端末で確認。助言を送った
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. DeNA
  5. DeNA、IT打撃革命!スイングの軌道やスピードなどタブレット端末に表示