2018.11.4 05:02

広島・丸、FA宣言か 球団は異例の対応…宣言残留認める

広島・丸、FA宣言か 球団は異例の対応…宣言残留認める

特集:
移籍・退団・引退
広島・丸

広島・丸【拡大】

 広島・丸佳浩外野手(29)が、国内フリーエージェント(FA)権を行使する可能性があることが3日、分かった。

 球団幹部は「選手の権利。他球団の評価を聞きたいのなら、聞いてみてもいい。チームにとって大事な選手なので残ってほしい。出せる金額は限られているけど、誠意は尽くす」とFA宣言残留を認めて待つ姿勢であることを明かした。

 丸は昨季セ・リーグの最優秀選手に輝き、今季も4月に右太ももを痛めて約1カ月離脱したが打率・306、39本塁打、97打点で優勝に貢献した。広島ではこれまで、FA権を行使しての宣言残留は基本的に認められていなかったが、欠かせない戦力であることから異例の対応を取る。

 試合後、丸は「今のところは何も決まっていない。期間もあるのでしっかり考えたい」と話すにとどめた。日本シリーズでは6試合で打率・160、12三振と不振だったが、巨人や丸の出身地・千葉が本拠地のロッテなどが獲得調査を続けている。

丸との残留交渉について広島・鈴木球団本部長「これまでも話はしてきた。これからも機会があれば話はします」

  • 丸佳浩の年度別打撃成績
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島・丸、FA宣言か 球団は異例の対応…宣言残留認める