2018.11.3 05:00(1/2ページ)

【矢野監督 必死のパッチトーク】ヒットなしで1点、そういう可能性広げるのが走塁

【矢野監督 必死のパッチトーク】

ヒットなしで1点、そういう可能性広げるのが走塁

藤谷にアドバイスを送る阪神・矢野監督=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)

藤谷にアドバイスを送る阪神・矢野監督=安芸市営球場(撮影・山田喜貴)【拡大】

 阪神安芸秋季C(2日、安芸タイガース球場)

 --監督の発案で投手と面談を?

 矢野監督 「面談というか、自分を知るということ。相手のことは結構、研究するけど、意外と自分のことは知らなかったりするから。相手からどう見えてるのかを自覚しておくのは、俺は大事だ(と思う)し。筒井コーチと藤本コーチが対戦相手だとしたら(それぞれ)どうするかというのを伝えてもらった」

 --コーチにはキャンプ前に見ておいてくれと

 「こっち(安芸)に来てからかな、『そういうふうにピッチャーに伝えてみたいんやけど、やっといてくれへん?』と言って、すごく早くやってくれて。この後のキャンプでもセットポジションとか、けん制でも自分のリズムのワンパターンじゃなくて、相手にとってはこういうのが嫌で、こういうパターンがあるというのを知っておくのは大事やから」

 --藤浪も面談に入ったが、けん制などが課題

 「ただ単にやっていては、意味のあるけん制にならない。捕手なら様子を見たり(走者の)リードを1歩でも縮めるとか、何か意図はあるんだけど。そういう意識でやれたら。1個走られたあとに『ああ、こうやったんやな』と思うよりはいいから」

 --ずっと思っていたことなのか

 「今年、ファームで毎試合、そうしていたのよ。筒井コーチと藤本コーチに調べてもらって『選手には言わんといてな』と。選手には、例えば『きょうの投手、どこで走るの?』って。そうやってやっているなかで、うちの投手って『走りやすいところあるなあ』とか『コイツはパターン的に一緒やな』というのも多いから」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【矢野監督 必死のパッチトーク】ヒットなしで1点、そういう可能性広げるのが走塁