2018.10.31 22:00

【試合結果】ソフトバンクが2連勝!上林&デスパイネに一発 守備では明石が貢献

【試合結果】

ソフトバンクが2連勝!上林&デスパイネに一発 守備では明石が貢献

3回、先制右越え2点本塁打を放つソフトバンク・上林=ヤフオクドーム(撮影・加藤孝規)

3回、先制右越え2点本塁打を放つソフトバンク・上林=ヤフオクドーム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4-1広島、ソフトバンク2勝1敗1分、31日、ヤフオクD)ソフトバンクが広島に快勝し、2連勝で白星を先行させた。先発の東浜は5回を投げ4安打1失点と好投。守備では明石が再三の好プレーを見せ勝利に貢献した。広島は好機であと1本が出ず、得点は鈴木の本塁打による1点にとどまった。

 広島は一回、2番・菊池が左前打で出塁し一死一塁とすると、3番・丸が右中間を深々と破る二塁打。しかし、ソフトバンクの中堅・柳田から中継した二塁・明石が好送球し、生還を狙った菊池を本塁で刺した。続く4番・鈴木は見逃し三振に倒れ、広島は先制機を逸する。明石は三回にも9番・安部の内野安打になろうかというボテボテの二ゴロを軽快にさばく好守を見せた。

 ソフトバンクは三回二死から9番・甲斐が左前打で出塁すると、1番・上林が右翼席に飛び込む2ランを放ち先制した。広島も四回、4番・鈴木が左翼席へソロ本塁打を放ち1点を返したが、ソフトバンクはその裏、二死からデスパイネの左翼席中段に突き刺さるソロ本塁打で突き放した。

 ソフトバンクは五回にも先頭の8番・今宮の右翼線二塁打と甲斐の犠打で一死三塁。広島はここで先発。野村を諦め、2番手・ヘルウェグをマウンドに送った。ヘルウェグは二死から四球でピンチを広げたが、3番・内川を投ゴロに打ち取ってしのいだ。ソフトバンクも六回から2番手・モイネロが登板。こちらも2つの四球を出したが、明石が二塁と外野の間に飛んだフライを後ろ向きにキャッチする好プレーもあり、無失点で切り抜けた。

 六回、ソフトバンクは広島の3番手・今村から先頭の4番・柳田が中前打で出塁すると、一死後に6番・中村晃の右前打で一、三塁とすると、代打・長谷川勇が中前適時打を放ち追加点を挙げた。その後ソフトバンクは武田、嘉弥真とつなぎ、最後は森が締めた。

試合結果へ日本S日程へ

  • 4回、本塁打を放つソフトバンク・デスパイネ=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 6回、中適時打を放つソフトバンク・長谷川勇=ヤフオクドーム(撮影・矢島康弘)
  • 6回広島・丸の打球を好捕するソフトバンク・明石=ヤフオクドーム(撮影・山田俊介)
  • 投球するソフトバンク・東浜=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 6回、笑顔でベンチに戻るソフトバンク・モイネロ=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 投球するソフトバンク・武田=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 8回、ソフトバンク4番手の嘉弥真=ヤフオクドーム(加藤孝規撮影)
  • 7番手のソフトバンク・森=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 7回、上林のファール判定にベンチから出てくるソフトバンク・工藤監督=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 7回、ソフトバンク・上林の打球に対しリプレー検証の結果、ファールをジャッジする審判=ヤフオクドーム(撮影・矢島康弘)
  • 風船を飛ばすソフトバンク・孫正義オーナー=ヤフオクドーム(撮影・仲道裕司)
  • 広島・バティスタを中飛に打ち取りガッツポーズをするソフトバンク・森=ヤフオクドーム(撮影・矢島康弘)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【試合結果】ソフトバンクが2連勝!上林&デスパイネに一発 守備では明石が貢献