2018.10.31 08:00

【小早川毅彦の打診球診】広島にとっては「勝ちに等しい負け」 ソフトは“勝った気しない勝ち”

【小早川毅彦の打診球診】

広島にとっては「勝ちに等しい負け」 ソフトは“勝った気しない勝ち”

3回、三振に倒れた広島・菊池=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)

3回、三振に倒れた広島・菊池=ヤフオクドーム(撮影・松永渉平)【拡大】

 SMBC日本シリーズ第3戦(ソフトバンク9-8広島、1勝1敗1分、30日、ヤフオクD)ソフトバンクは勝つには勝ったが、勝った気がしないだろう。「勝ちに等しい引き分け」という言葉がある。敗れはしたが、広島にとっては「勝ちに等しい負け」でいいのではないかと思う。

 第3戦だけを見れば、菊池と丸が2人合わせて7三振とブレーキになった。すべて空振りで4三振の丸は、ミランダにタイミングが合っていなかっただけ。武田と対戦した第4打席は球を捉えていた。九回に森から喫した三振もカーブに体を泳がされたのではなく、しっかりとバットを振っていた。心配はいらない。

 菊池は高めのボール球やショートバウンドに手を出していたが、それが持ち味でもある。だから第1戦のようなホームランが打てる。後ろを打つ鈴木があれだけ打っているのだから、2人に当たりが戻れば手がつけられない打線になる。

 第4戦の先発はソフトバンクが東浜、広島は野村。どちらも今季の投球は物足りない。第3戦で広島は岡田、ソフトバンクは加治屋が痛い一発を喫し、勝ちパターンで投げる“大事なカード”がともに1枚ずつ消えた。打撃戦を期待する者としては、ますますおもしろくなった。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ日本S日程へ

  • 日本シリーズ第6戦までの予想先発
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. 【小早川毅彦の打診球診】広島にとっては「勝ちに等しい負け」 ソフトは“勝った気しない勝ち”