2018.10.30 10:00

東北福祉大、春と秋の“連続全国制覇”消滅/東北スポーツ

東北福祉大、春と秋の“連続全国制覇”消滅/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ

 明治神宮大会東北地区代表決定戦最終日(29日、ヨーク開成山)決勝が行われ、東日本国際大(南東北)が東北福祉大(仙台六)に5-3で逆転勝ちし、初優勝。明治神宮大会初出場を決めた。

 東北福祉大は明治神宮大会の出場権を逃し、春、秋連続の全国制覇の望みを絶たれた。大塚監督は「相手投手が3点取られた後もしっかり投げてきて、追加点を取れなかった。選手はよくやったし、責められない」。チームは来春リーグ戦、全日本選手権連覇に向けて再出発。「これまでは4年生に頼っていた。チームワークで勝てる、ミスの少ない野球を目指す」と話した。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東北福祉大、春と秋の“連続全国制覇”消滅/東北スポーツ