2018.10.30 05:04(1/3ページ)

矢野阪神、大改造プラン!大山ショート、植田は外野、岩崎に続き望月も先発

矢野阪神、大改造プラン!大山ショート、植田は外野、岩崎に続き望月も先発

矢野新監督は秋季練習を見つめる。さまざまなチーム改造案がその脳裏に浮かんでいる

矢野新監督は秋季練習を見つめる。さまざまなチーム改造案がその脳裏に浮かんでいる【拡大】

 矢野流の改革が始まる! 阪神は29日、甲子園球場で行ってきた秋季練習を打ち上げた。矢野燿大新監督(49)は選択肢として選手に複数ポジションを守らせたい構想を明かし、チームの大改造を示唆。三塁を守る大山悠輔内野手(23)は遊撃の、遊撃を本職とする植田海内野手(22)には外野の“オプション”を与える考えを明かした。

 できることの、さらに一歩先を求める。矢野監督が選手らに求めることはひとつではない。この日、本職の三塁だけでなく、遊撃でノックを受けた大山について問われると、選択肢の1つと認めた。選手の可能性を広げて、チームの可能性も広げる。矢野流の大改造がいよいよ始まる。

 「基本サードだと思うんだけど、(可能性は)ゼロではない。(遊撃を)守らせるときは、こっちで責任を負うけどね。サードでいかせながら、(遊撃を)ゼロにしたくないと思っている」

 遊撃手・大山-。将の頭の中では“備え”としてすでに思い描かれていた。「サードは誰かいけるけど、ショートがおらんってなったときに『じゃあ悠輔!』ってなる可能性は、なくはない」。あくまでもオプションの1つ。だが、チームは日々状態が変わる“ナマモノ”。大山自身も「試合に出るためには、守備位置は関係ないです」と将の思いを理解していた。

【続きを読む】

  • 大山は三塁に加えて遊撃でもノックを受ける。いざというときに備えておく(撮影・岩川晋也)
  • ショートでノックを受ける阪神・大山=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • ショートでノックを受ける阪神・大山=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • ノックを受ける阪神・大山=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • ノックを受ける阪神・大山=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • ノックを受ける阪神・大山=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • ノックを受ける阪神・大山=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 遊撃で守備練習する阪神・大山=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • 遊撃で守備練習する阪神・大山=甲子園球場(撮影・中島信生)
  • ノックを受ける阪神・大山=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • ノックを受ける阪神・大山=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  • 練習を見る阪神・矢野監督、右手前は大山=阪神甲子園球場(撮影・岩川晋也)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 矢野阪神、大改造プラン!大山ショート、植田は外野、岩崎に続き望月も先発