2018.10.30 05:04

ヤクルトD1位・清水、目標は13年ライアン以来の球団新人「2桁勝利」

ヤクルトD1位・清水、目標は13年ライアン以来の球団新人「2桁勝利」

特集:
2018ドラフト情報
清水は、つば九郎を抱きながら、“つば九郎語”でアピールした (撮影・大橋純人)

清水は、つば九郎を抱きながら、“つば九郎語”でアピールした (撮影・大橋純人)【拡大】

 ヤクルトにドラフト1位で指名された清水昇(のぼる)投手(22)=国学院大=が29日、神奈川・横浜市の同大たまプラーザキャンパスで指名あいさつを受けた。小川淳司監督(61)が直筆で「縁」と書いたドラフト会議のIDパスを受け取った右腕は、1年目の目標に「開幕1軍」と「2桁勝利」を掲げた。

 多くの報道陣に囲まれても、燕のドラ1は動じない。清水は小川監督が「縁」と記したドラフト会議のIDパスを伊東編成部長から大事そうに受け取った。

 「根尾くんや藤原くんら注目選手がたくさんいる。自分も周りの(ドラフト1位の)11人に負けないように頑張っていきたいです」

 即戦力として期待される右腕に伊東編成部長も大きな期待をかけた。「1年目から活躍してローテーションに入れると思って1位で指名させていただきました」と本人に伝えると、「素材もいいし、勝てる投手。頭がよくて順応性もある」と評価。これに対し、清水も「開幕1軍、2桁勝利を狙えたら、と思います」と1年目の目標を語った。

 東都大学リーグでは2年秋に4勝を挙げ、4年春には防御率1・75で最優秀防御率。リーグ戦通算43試合に登板して13勝6敗の成績。新人で2桁勝利となれば球団では2013年の小川以来で、過去に9人しかしない。

 神宮球場との“縁”を力に変える。帝京高、国学院大時代はいずれも神宮を主戦場としてきた。「じんぐうのもうしごとよばれるようにがんばります!」と球団マスコットのつば九郎にちなんでフリップに意気込みを書き込んだ。

 今ではチームの顔となった山田哲も2010年のドラフトで“外れの外れ1位”で入団。清水も同じ過程でプロの門をたたく。「たくさんの方にそう(外れの外れでよかったと)いわれるように頑張っていきたい」と力をこめた。神宮の申し子がスター街道を歩む。 (横山尚杜)

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  • 指名挨拶を受けた国学院大・清水昇は、小川淳司監督からプレゼントされた「縁」と書かれたサイン入りのドラフト会議入場証を手にする=29日午前、横浜市青葉区・国学院大学たまプラーザキャンパス(撮影・大橋純人)
  • ヤクルト・ドラフト1位指名挨拶を受けた国学院大・清水昇は、つば九郎風にスケッチブックを使って抱負を書く=横浜市青葉区・国学院大学たまプラーザキャンパス(撮影・大橋純人)
  • ヤクルト・ドラフト1位指名挨拶を受けた国学院大・清水昇は、つば九郎風にスケッチブックを使って「じんぐうのもうしごとよばれるようにがんばります(神宮の申し子と呼ばれるように頑張ります)」と抱負を書いた=横浜市青葉区・国学院大学たまプラーザキャンパス(撮影・大橋純人)
  • ヤクルト・ドラフト1位指名挨拶を受けた国学院大・清水昇は、「ヤクルトのエースになる!」とばかりにヤクルト製品のパネルを手にポーズをとる=横浜市青葉区・国学院大学たまプラーザキャンパス(撮影・大橋純人)
  • ヤクルト・ドラフト1位指名挨拶を受けた国学院大・清水昇は、つば九郎風にスケッチブックを使って「じんぐうのもうしごとよばれるようにがんばります(神宮の申し子と呼ばれるように頑張ります)」と抱負を語った=横浜市青葉区・国学院大学たまプラーザキャンパス(撮影・大橋純人)
  • 伊東編成部長(右)とガッチリ握手を交わし笑顔を見せる、ヤクルトドラフト1位指名の国学院大・清水昇(左)=横浜市青葉区・国学院大学たまプラーザキャンパス(撮影・大橋純人)
  • 担当スカウトから、ヤクルト・小川監督のサインが入ったドラフト会議の入場証を受け取る1位指名の国学院大・清水昇(右)=横浜市青葉区・国学院大学たまプラーザキャンパス(撮影・大橋純人)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ヤクルト
  5. ヤクルトD1位・清水、目標は13年ライアン以来の球団新人「2桁勝利」