2018.10.28 05:04(1/2ページ)

阪神D3位・木浪、虎1号!指名後初実戦2安打2打点

阪神D3位・木浪、虎1号!指名後初実戦2安打2打点

特集:
2018ドラフト情報
八回、右中間へ本塁打を放った木浪。鈴鹿から矢野監督へあいさつ代わりのアピール弾だ(撮影・村本聡)

八回、右中間へ本塁打を放った木浪。鈴鹿から矢野監督へあいさつ代わりのアピール弾だ(撮影・村本聡)【拡大】

 小粒なんて言わせない!! 阪神にドラフト3位指名された木浪聖也内野手(24)=ホンダ=は27日、「3事業所No.1決定戦」のホンダ熊本戦(ホンダ鈴鹿グラウンド)に「3番・遊撃」で出場。本塁打含む2安打2打点で勝利に貢献した。指名以降、初の実戦での大活躍。矢野燿大新監督(49)に、あいさつ代わりの一発を届けた。

 あいさつ代わりの豪砲を、西日が差し込む鈴鹿に架けた。思わず見惚れてしまう、アーチストのような放物線。木浪が虎に指名されて以降、初の実戦で本塁打含む2安打2打点と猛ハッスルだ。

 「緊張していたんですけど、結果が出てほっとしています。反応で打てました」

 13-2と試合の大勢が決まった八回無死だった。初球の直球を一閃すると、打球は快音とともに右中間スタンドへ。今季「14本目くらい」と語る一発で、ホンダ熊本にトドメを刺した。

 六回無死一塁では右中間を破る適時三塁打。虎初安打となる長打で快足を披露した。岡野勝俊監督(42)は「出来すぎです」と笑いつつ「つかんだ兆しがみえましたね」。7月の都市対抗以降、3番に据えてきた中心選手。期待以上の活躍ににっこり笑顔だ。

【続きを読む】

  • 六回、適時三塁打を放った木浪。指名後初安打に笑顔をみせた(撮影・村本聡)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神D3位・木浪、虎1号!指名後初実戦2安打2打点