2018.10.28 05:03(1/2ページ)

阪神・矢野監督、梅野に正妻確約なし!「捕手は勝たせてなんぼ」

阪神・矢野監督、梅野に正妻確約なし!「捕手は勝たせてなんぼ」

特集:
梅野隆太郎
ノックを受ける梅野。正捕手の座は競争で勝ち取るしかない(撮影・林俊志)

ノックを受ける梅野。正捕手の座は競争で勝ち取るしかない(撮影・林俊志)【拡大】

 阪神秋季練習(27日、甲子園)阪神・矢野燿大監督(49)が27日、来季の正捕手争いについて初言及した。今季は梅野隆太郎捕手(27)が強肩と打撃で自己最多の132試合に出場したが、レギュラー特権はなし。勝てる捕手を条件とし、チーム事情から代打の切り札として活躍していた原口文仁捕手(26)も含め、火花を散らせる。

 基準はわかりやすかった。要するに、勝てるかどうか。今、答えは決めていない。いや、決められない。矢野監督は正捕手という1つのいすが空いていることを力説した。

 「そんな確約ということはないよ、俺は。(二塁の糸原)健斗にしてもそうやし、隆(梅野)にしてもそうやし、じゃどうぞ、というところまではまだきていない。それはもう競争してもらう」

 もちろん、実績は尊重するが、それで特別な目で見るわけじゃない。梅野は今季自己最多の132試合に出場。長年、正捕手不在のチームとしては2010年の城島以来となるスタメン100試合以上&規定打席到達を果たした。リーグ2位の盗塁阻止率・320の強肩も、復調した打撃も頼もしいが、チームは17年ぶりの最下位。指揮官があえて厳しいコメントを並べるのは現役時代の経験からだった。

【続きを読む】

  • 選手にハッパをかける矢野監督(左)。正捕手は勝てるヤツを選ぶ(撮影・林俊志)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・矢野監督、梅野に正妻確約なし!「捕手は勝たせてなんぼ」