2018.10.28 08:12

U-23日本代表、全勝で決勝へ 稲葉監督、先発・阪口が「いいテンポでリズムつくった」

U-23日本代表、全勝で決勝へ 稲葉監督、先発・阪口が「いいテンポでリズムつくった」

特集:
侍ジャパン
ドミニカ共和国に勝利し、笑顔で記念撮影する日本ナイン=バランキジャ(共同)

ドミニカ共和国に勝利し、笑顔で記念撮影する日本ナイン=バランキジャ(共同)【拡大】

 野球のU-23(23歳以下)ワールドカップ(W杯)は27日、コロンビアのバランキジャで2次リーグ最終の第3戦が行われ、既に1位での決勝進出を決めている日本はドミニカ共和国に4-0で勝った。1次リーグから持ち越した2勝を含めて5勝0敗とした。

 2連覇を狙う日本は四回に4連打で3点を先行し、六回に西巻(楽天)の2打席連続適時打で加点。先発の阪口(DeNA)は7回無失点と好投した。

 28日午後7時(日本時間29日午前9時)開始予定の決勝で2次リーグ2位のメキシコと対戦する。(共同)

稲葉監督の話「一発勝負は何があるか分からない中で、阪口がいいテンポで守備からリズムをつくってくれた。(四回に)2死から得点できたのは非常に大きかった。日本の結束力を持って、みんなで最後の一つを頑張って戦いたい」

  • ドミニカ共和国に勝利し、笑顔の日本ナイン=バランキジャ(共同)
  • 6回、西巻が2打席連続の適時打を放つ=バランキジャ(共同)
  • 6回、西巻(右)に指示を出す稲葉監督=バランキジャ(共同)
  • ドミニカ共和国戦で、ベンチから試合を見守る日本代表の稲葉監督=バランキジャ(共同)
  • ドミニカ共和国戦に先発、好投した阪口=バランキジャ(共同)
  • ドミニカ共和国戦に先発、好投した阪口=バランキジャ(共同)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. プロ野球その他
  5. U-23日本代表、全勝で決勝へ 稲葉監督、先発・阪口が「いいテンポでリズムつくった」