2018.10.28 05:00

【絆トーク】巨人ドラフトは原監督の現有勢力への期待の現われ 秋季キャンプで鍛え上げる

【絆トーク】

巨人ドラフトは原監督の現有勢力への期待の現われ 秋季キャンプで鍛え上げる

特集:
2018ドラフト情報
秋季練習で笑顔を見せる巨人に復帰した原監督=川崎市のジャイアンツ球場

秋季練習で笑顔を見せる巨人に復帰した原監督=川崎市のジャイアンツ球場【拡大】

 19日にクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ敗退(対広島、マツダ)以来、巨人が再始動。この日が集合日となった。

 3度目の監督復帰を果たした原辰徳監督(60)は就任会見を行った23日、「勝つためにどういう戦術にするかは徐々に固めていきたい。チームが勝つんだと強く思っている人間と戦っていきたい」と方針を語った。

 25日に行われたドラフト会議では、1位指名の高橋(八戸学院大)以外の5人は全て高校生(育成ドラフトを除く)。これは「現有戦力に期待したい」という原監督の考えだった。秋季キャンプから選手を鍛え上げ、来季につなげる。 (巨人担当・吉村大佑)

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 巨人
  5. 【絆トーク】巨人ドラフトは原監督の現有勢力への期待の現われ 秋季キャンプで鍛え上げる