2018.10.28 08:00

【エモやんの舌好調】両軍ともに打線に勢いがなかったが…2戦目以降は違った展開になるだろう

【エモやんの舌好調】

両軍ともに打線に勢いがなかったが…2戦目以降は違った展開になるだろう

引き分けに終わった広島ナイン=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)

引き分けに終わった広島ナイン=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)【拡大】

 SMBC日本シリーズ第1戦(広島2-2ソフトバンク=延長十二回規定により引き分け、1分け、27日、マツダ)両チームとも打線のチームでありながら、初戦のせいかまだ勢いが出なかった。そのかわり、どちらも投手が好投したので延長までもつれた。後ろになるに従ってプレッシャーがかかるものだけど、広島は7人、ソフトバンクも6人の中継ぎ投手が引き締めた。珍しい試合だったよ。

 とはいえ、広島としては惜しまれるのは五回の守備の乱れだね。連打を浴びた後の挟殺プレーで三塁走者をアウトにはしたが、打者まで二塁に進ませて二、三塁。結局、この失敗が響いた。

 大瀬良はデスパイネの初球はストライクからボールになるスライダーで入り、3球目もボールになる球を振らせた。それなのに三振を狙ったのか、次の球は甘く高めに浮いた球を打たれた。歩かせるつもりでもいい場面。今季15勝の自信もあるだろうし、余裕があっただけに、1つのミスが試合の流れを左右するということよ。

 どちらも打線がいつもの状態ではなかったけど、2戦目以降は先発投手によってがらっと変わることもある。1戦目とは違った展開になるだろうね。 (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ日本S日程へ

  • 引き分けに終わったソフトバンクナイン=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 【エモやんの舌好調】両軍ともに打線に勢いがなかったが…2戦目以降は違った展開になるだろう