2018.10.27 23:57

ソフトバンク・内川、死球受け交代 第2戦は「出られるよう頑張ります」

ソフトバンク・内川、死球受け交代 第2戦は「出られるよう頑張ります」

11回、死球を受けるソフトバンク・内川=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)

11回、死球を受けるソフトバンク・内川=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)【拡大】

 SMBC日本シリーズ第1戦(広島2-2ソフトバンク=延長十二回規定により引き分け、1分け、27日、マツダ)ソフトバンクの内川が0-2の五回無死一塁で中前打を放ち、好機を広げた。2死後に代打デスパイネの適時内野安打に失策が絡んでチームは2点を奪った。

 指名打者制のないセ・リーグ球場での試合で、工藤監督はデスパイネを先発から外した。短期決戦で勝負強さを発揮する内川が早速存在感を見せたが、延長十一回に左太ももに投球を受け、そのまま交代。試合後は足を引きずりながら引き揚げ「痛いですよ。(第2戦に)出られるように頑張ります」と話した。

武田(2番手で2回を無失点)「いい感じで投げられている。シリーズは救援陣全体で抑えていかないといけない」

石川(2回を無失点)「いつも通りの投球ができた」

森(九回に登板して無失点)「0点で抑えられたし、チームも負けなかったので良かった」

試合結果へ日本S日程へ

  • 5回、安打を放つソフトバンク・内川=マツダスタジアム(撮影・松永渉平)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. ソフトバンク
  5. ソフトバンク・内川、死球受け交代 第2戦は「出られるよう頑張ります」