2018.10.27 22:28

広島・松山、攻守で明暗 1回に追加点打も5回には同点許す手痛い失策

広島・松山、攻守で明暗 1回に追加点打も5回には同点許す手痛い失策

10回、ソフトバンク・長谷川勇の内野ゴロで広島・田中からの送球を好捕する広島・松山=マツダスタジアム(撮影・森田達也)

10回、ソフトバンク・長谷川勇の内野ゴロで広島・田中からの送球を好捕する広島・松山=マツダスタジアム(撮影・森田達也)【拡大】

 SMBC日本シリーズ第1戦(広島-ソフトバンク、27日、マツダ)広島の松山は攻守で明暗が分かれた。

 一回の打席では千賀の変化球を捉えて右前に追加点打。「食らい付いた。前のポイントでうまく対応することができた」と自賛する一打だった。

 しかし2-0の五回の一塁守備で手痛い失策を犯した。2死二、三塁からデスパイネの打球(記録は内野安打)を捕った二塁手の菊池の送球を後逸。二塁走者も生還して追い付かれた。

試合結果へ日本S日程へ

  • 1回、右前適時打を放つ広島・松山=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 広島
  5. 広島・松山、攻守で明暗 1回に追加点打も5回には同点許す手痛い失策