2018.10.25 16:54

駒大、主導権握れず優勝逃す 大倉監督は「立正大とは1試合目が全て」

駒大、主導権握れず優勝逃す 大倉監督は「立正大とは1試合目が全て」

 東都大学野球秋季リーグ優勝決定戦(25日、駒大1-8立正大、神宮)駒大は主導権を握れず、8季ぶりの優勝を逃した。立正大には2連敗で勝ち点を落としたことを含め3戦全敗。初戦は終盤に逆転した展開から敗れており、大倉監督は「立正大とは1試合目が全て」と振り返った。

 今季5勝の辻本を先発に立てたが、6回1/3を5失点と振るわなかった。それでも大倉監督は「シーズンを通じてよく投げた」とエースを責めることはなかった。

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 駒大、主導権握れず優勝逃す 大倉監督は「立正大とは1試合目が全て」