2018.10.24 10:00

“国立の星”宮城教大・松下、小学生と天命待つ/東北スポーツ

“国立の星”宮城教大・松下、小学生と天命待つ/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ

 プロ野球ドラフト会議が25日に行われる。最速151キロの速球派、宮城教大・松下圭太投手(4年)は23日、「「選手として輝けるのは一瞬。可能性は低いが、挑戦できるなら(機会を)逃したくなかった」と気持ちを込めて志望届を提出。現在は小学校で教育実習を行っており「人事を尽くしたつもり。子供たちと天命を待ちます」。指名され入団すれば同大初のプロ野球選手。“国立の星”を目指す。

ドラフト情報へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. “国立の星”宮城教大・松下、小学生と天命待つ/東北スポーツ