2018.10.23 05:01

立命大・辰己、リーグ最多に1安打届かずも悔いなし「すがすがしい」/関西学生

立命大・辰己、リーグ最多に1安打届かずも悔いなし「すがすがしい」/関西学生

 関西学生野球第8節第3日(22日、わかさ京都)3回戦1試合が行われ、立命大が11-2で同大を下し、勝ち点4として2位を決めた。今秋のドラフト1位指名候補、辰己涼介外野手(4年)は2安打を放ち、通算122安打で終えた。田口壮氏(現オリックス1軍野手総合兼打撃コーチ、当時関学大)の持つリーグ最多安打には1本及ばなかったが、自身初の首位打者、外野手部門で3季連続4度目となるベストナインを獲得して締めくくった。

 立命大・辰己は、2-0の二回に左中間適時二塁打、8-0の八回に二塁内野安打。リーグ通算最多記録に王手をかけて迎えた九回二死一塁での打席は二ゴロに倒れたが、表情は充実感にあふれていた。

 「(九回は)初球を絶対に思いっきり振ると決めて打席に立った。残念ですけど、4年間の自分のすべてを出し切った。すがすがしい、最高の気持ちでいっぱいです」

 最後はチェンジアップに崩されたが、心の底から野球を楽しんだ。悔いを残すことなく戦い抜き、いよいよ2日後に迫る運命のドラフトへと向かう。

 「いい結果(1位指名)が出れば目標達成。期待を込めて祈りたいです」

 12球団OKの構え。初の首位打者と4度目のベストナイン獲得を手土産に吉報を待つ。 (須藤佳裕)

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 立命大・辰己、リーグ最多に1安打届かずも悔いなし「すがすがしい」/関西学生