2018.10.21 19:12

関大・肥後、12奪三振で完投「最後に勝てたことが一番」/関西学生

関大・肥後、12奪三振で完投「最後に勝てたことが一番」/関西学生

 関西学生野球リーグ第8節第2日(21日、関学大1-2関大、わかさ)関大3年の肥後は12三振を奪い、八回の失策による1失点で完投して3勝目(1敗)を挙げた。141球を投げ抜いて今季のリーグ最終戦を白星で飾り「最後に勝てたことが一番。ピンチでも粘れた」と笑顔を見せた。早瀬監督も「成長した姿を見せてくれた」と褒めた。

 4年のエース山本隆が5勝を挙げたが、チームの勝利数は8にとどまり、優勝を逃した。肥後は「2番手以降が頑張らないと優勝できないと痛感した。調子が悪くても勝てるピッチャーを目指したい」と決意を口にした。

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 関大・肥後、12奪三振で完投「最後に勝てたことが一番」/関西学生