2018.10.21 10:00(1/2ページ)

東北福祉大、清水の満塁一掃逆転二塁打でV王手!/東北スポーツ

東北福祉大、清水の満塁一掃逆転二塁打でV王手!/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
東北福祉大は清水敬が、三回の逆転3点二塁打をなど活躍。Vに王手をかけた(撮影・井上幸治)

東北福祉大は清水敬が、三回の逆転3点二塁打をなど活躍。Vに王手をかけた(撮影・井上幸治)【拡大】

 仙台六大学野球最終週第1日(20日、東北福祉大)首位の東北福祉大が5-3で3位の仙台大を下し、優勝に王手をかけた。「6番・一塁」の清水敬太内野手(4年)が、逆転の3点二塁打など2安打3打点と活躍した。東北福祉大は21日の仙台大2回戦に勝てば、2季連続70度目の優勝が決まる。

 一撃で天王山の主役となった。左翼フェンス直撃の逆転二塁打。塁上の清水敬は控えめな笑顔で声援に応えた。

 「チャンスで打ってやろうと思っていた。逆転打で流れを持ってこられた」

 2点を追う三回二死満塁。相手先発・浅沼の真ん中低めの変化球を仕留めた。

 大塚光二監督(51)が“左キラー”と期待する右打者。今季は3試合で7打数5安打と、少ない出場機会で結果を出してきた。そして「調子も良かったし、打率の高い選手から出した」と、右腕相手のこの試合でスタメン起用。見事に的中し「打ってくれて感謝します」と、清水敬に最敬礼だ。

 大一番で力を発揮するクラッチヒッターだ。6月の全日本大学選手権の慶大との準決勝で初先発。「9番・一塁」で、決勝点となる逆転の2点適時打を放ち、大学日本一に貢献した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東北福祉大、清水の満塁一掃逆転二塁打でV王手!/東北スポーツ