2018.10.19 05:02

阪神・秋山が右膝手術、シーズン中から痛み抱え決断

阪神・秋山が右膝手術、シーズン中から痛み抱え決断

 阪神は18日、秋山拓巳投手(27)が大阪府内の病院で「右膝のクリーニング術」を終え、同日、退院したと発表した。本人は広報を通じて「野球人生のターニングポイントだと思っています。来季は開幕から矢野監督の力として投げられるようにリハビリに励みます」とコメントした。

 昨季12勝6敗、防御率2・99の成績を残し、先発陣の柱として期待された今季。5月に自身初の2試合連続完投をマークしたが、6月7日のオリックス戦(甲子園)で5勝目を挙げて以来、勝ち星から見放された。

 9月1日に登録を抹消されてから1軍登板はなく、17試合で5勝10敗、同3・86。シーズン中から右膝に痛みを抱えており、早めに不安材料を取り除くべく、シーズン終了と同時に手術を決断した。

 近日中にリハビリを開始する予定。メドは未定だが、来季の開幕1軍を目指す。

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 阪神・秋山が右膝手術、シーズン中から痛み抱え決断