2018.10.17 20:16

東洋大、4連覇へ望み 上茶谷「気負いすぎていた」/東都

東洋大、4連覇へ望み 上茶谷「気負いすぎていた」/東都

 東都大学野球リーグ第7週第2日は17日、神宮球場で2回戦3試合が行われ、東洋大は国学院大に3-2で勝ち、1勝1敗とした。立正大は中大を4-3で下し、2連勝で勝ち点3。亜大は駒大を3-2で破って1勝1敗。

 東洋大は4季連続優勝へ望みをつないだ。負ければ優勝の可能性がなくなる中で接戦を制した。先発の上茶谷は二回までに2失点したが、三回以降は「優勝がなくなると気負いすぎていた。1試合に集中して打たせていこう」と気持ちを整理し、三回以降は無安打に抑えた。

 九回は甲斐野が締め、ドラフト1位候補の継投で白星をもぎ取った。1点リードで役割を果たした甲斐野は「緊張したけど先頭を抑えて落ち着いた」と話した。

試合結果へ試合日程へ

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 東洋大、4連覇へ望み 上茶谷「気負いすぎていた」/東都