2018.10.17 05:00

国学院大・清水、12K完投勝利!ドラ1候補、東洋大・梅津に投げ勝つ/東都

国学院大・清水、12K完投勝利!ドラ1候補、東洋大・梅津に投げ勝つ/東都

闘志をむき出しに好投した清水。プロ球団も熱視線を送った(撮影・加藤圭祐)

闘志をむき出しに好投した清水。プロ球団も熱視線を送った(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 東都大学野球秋季リーグ第7週第1日(16日、東洋大2-4国学院大、神宮)今月25日にドラフト会議が迫る中、国内10球団のスカウトの前で、清水が躍動した。直球の最速は149キロ。フォークとツーシームもまじえ、12奪三振で完投勝ちだ。

 「三振は狙うというより、横井(捕手)の所に投げようとしただけ。両サイドへの真っすぐがよかった」

 淡々と投げ切ったが、心の中には熱いものがあった。相手の東洋大先発はドラフト1位候補の梅津。負けたくなかった。9日の亜大戦で同じくプロ注目の頓宮(とんぐう)に中越え本塁打を浴びた反省も満ちていた。

 スカウトの評価も高まる。ロッテ・山森スカウトは「真っすぐとツーシームの腕の振りと軌道が途中まで同じで、効果的だった」と分析した。

 「清水は状態もよく、気持ちも入っていた。大きな1勝」と鳥山監督。8年ぶり2度目の優勝へ、清水が勢いに乗せた。(赤堀宏幸)

試合結果へ試合日程へ

  • 先発の国学院大・清水=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  • 先発の東洋大・梅津=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
  1. サンスポ
  2. 野球
  3. 大学野球
  4. 国学院大・清水、12K完投勝利!ドラ1候補、東洋大・梅津に投げ勝つ/東都