2018.10.17 05:01

【矢野監督 必死のパッチトーク】「自由にしてくれへん?大変やってんから」

【矢野監督 必死のパッチトーク】

「自由にしてくれへん?大変やってんから」

上本との会談を終え、鳴尾浜の寮から出てくる矢野新監督

上本との会談を終え、鳴尾浜の寮から出てくる矢野新監督【拡大】

 --今日は話し合いを 矢野監督「なんかいっぱいあるな。大変や、バタバタして。こういう風にやるんやなあって。やること多いね」

 --補強などの話も一気に煮詰めていかないと

 「うんまあ、あの…大まかな、というかそういうのは、具体的に、時間のないのももちろんアレやけど。まあ大まかなところのものは、ほぼほぼ、打ち合わせさせてもらった。補強も、いろんなことも含めて」

 --明日(17日)はまた球団事務所に来る

 「自由にしてくれへん?(笑)。明日休みやろ、スケジュール的には。鳴尾浜も休みやろ? 大変やってんから、激動やぞホンマ(笑)」

 --昨夜は少しは寝られたか

 「昨日も結局なんか、(夜)11時ぐらいに眠なって、1時半に起きて、うわ、寝られへんなとなって。考えることが多すぎて。逆に言うと、その前の日の方がちょっと寝られた」

 --新外国人選手の調査も難しい

 「エエの探してこいや(笑)。みんな(各社)でやったら、いいヤツ来るかもしれへんやんか。阪神を強くするという企画で(笑)。まあ…どこの球団もそうだけど外国人選手(の成績は)チームのその年を左右しちゃうから。それも本当は早い段階でやるわけでしょ? 絞ってはいかなアカン段階には来ていると思うけど」

 --今日は鳴尾浜を訪問して上本とも会えた

 「ポン(上本)はちょっと早めにね。(鳴尾浜に)居るっていうのは分かっていたから。(他の選手は)休みの時やからさ。俺もバタバタしているのもあって。上本だけはちょっと行こうと思って、話をさせてもらった。監督としての思いと、いちプレーヤーというか、野球界の先輩として、というのは両方あるから。まあ別にウソをつくことは何もないから、こう思うし、こうやというのはポンに伝えた」

  1. サンスポ
  2. 野球
  3. プロ野球
  4. 阪神
  5. 【矢野監督 必死のパッチトーク】「自由にしてくれへん?大変やってんから」